犬と暮らす子どもたちのストーリー「犬たちが残していった言葉に出来ない”大切なもの”」

#22 タオ6歳 エレファント12歳(神奈川県)

 

TAO’s
MOM
ずっと一緒に犬とすごしてきたけど今どんなことを思う?
TAO
幸せで楽しい
TAO’s
MOM
犬のどんなところがすき?
TAO
全部
TAO’s
MOM
犬ってどんないきものだとおもう?
TAO
可愛い。楽しい家族。兄弟。
TAO’s
MOM
いっしょになにをするのがたのしい?​
TAO
ボール遊び
TAO’s
MOM
犬がいなかったらどう思う?
TAO
死んじゃう!生きていけない!
TAO’s
MOM
犬となにをしてみたい?
TAO

犬と共に育児をされてきて感じる想い
TAO’s MOM

タオが生まれた時は4頭の犬が居ました。タオが生まれて半年後から犬の介護が始まり、私の仕事柄(ドッググルーマー)保護犬の預かりなども重なって、徘徊、もがき、叫び、粗相、発作、タオのぐずり、授乳、夜泣き(犬とタオ)、イタズラ(犬とタオ)、オムツ替え(犬とタオ)など1日中ノンストップで何かが起こり、時には『壮絶…』なんて思ったりした事も…苦笑
今振り返ると、良いことばかりではなく、大変な事も沢山ありました。
それぞれに思うように手が行き届かなくて『ごめんね』と思うこともありましたが、後にこの環境のおかげでタオの心に育った大切なものに気付かされます。小さかったタオは犬の介護のお手伝いを、まるで”おままごと”でもするかのようにやり始め、犬たちもまた子守をするかのようにタオの相手を自然としてくれました。
その後3頭を看取り、今ではタオとエレファントだけになってしまいましたが2人の兄弟の様なやり取りをいつも微笑ましく眺めて、日々幸せを感じます。
小さかったタオは覚えていないようですが、タオの中に犬たちが残していってくれた言葉に出来ない”大切なもの”があるのを感じます。豊かな感性や思いやり、周りへの気配り、責任感、洞察力なども、あの日常の中で自然と芽生え育まれました。『犬たちはこれからもタオの中で生きていくんだなぁ』と思うと、いつまでも『ありがとう』と感謝の気持ちでいっぱいになります。
タオだけでなく、私自身も沢山のものをもらって”今の自分”が居ます。犬と共に育児をすることは、楽しくて幸せですが良いことばかりではなく”いろんな後悔や困難”も経験します。犬たちからもらった”大切なもの”をこれからも自分の中で生かしていきたいと思います。
 Instagram

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG