いぬびと 〜犬と暮らす人たち〜 #06 Ayumi

いぬびとは、犬と暮らす人たちの個性あふれる日常のヒトコマを紹介します。
犬と暮らす家族の数だけ、犬と人の暮らし方があります。
でもそんな皆さんに共通することは、犬が大好きな人たちの日常は、犬たちへの愛で溢れているということ。犬好きによる 犬好きのための 犬愛溢れるインタビュー。
第6回は、ジャックラッセルテリアのひめ&とっときと暮らす、いぬびとAyumiさんをご紹介します。

enkara:「犬たちと暮らす日常の中で大切にしていることを教えてください。」
Ayumi:「嘘をつかないこと。犬はいつだって嘘をつかないし、人を騙したり馬鹿にしたりもしない。無垢な心には誠意をもって、正直に向き合いたいと思っています。犬にとっての幸せは分からないけど、自分が犬といて幸せなら、犬も幸せなのではないかな。」

enkara:「今まで犬たちと一緒に訪れた中で一番印象に残っている風景を教えてください。」
Ayumi:「御前崎の早朝の海。
暗闇の中、満天の星と静かな波の音に包まれた、夜が明ける前の海は別世界でした。紫色の空に太陽が昇り始めると、刻一刻と空の色が変わって行き、辺り一面がオレンジ色に染まって行きます。犬たちのシルエット、シッポも大きく揺れているのが見えて、自然って本当に素晴らしいと思いました。」

enkara:「犬の写真を撮影するコツや大切にしている想いを教えてください。」
Ayumi:「血の通った写真を撮ること。
構図がどうとか、設定にこだわり過ぎず、心が揺れた瞬間にシャッターを切っています。目に見えない愛とか絆とか想い、それが大切で、私はそれを写したいと思っています。
犬にも個性があって、それぞれ性格が違います。その仔の、その仔らしいところを撮ることが好きです。犬の笑顔は人を笑顔にします。最強です!」

Ayumiさんにとって“犬“とは?
力(パワー)

愛の力、癒しの力、喜びの力・・すべての源!!
存在そのものが私の力となり、いつも私を笑顔にしてくれる。毎日がキラキラ!


Ayumiさんが撮影する犬たちの写真は、どの写真もとにかく伸びやかです。その犬本来の感情が動く瞬間、心が開く瞬間が写されているからだと思います。
見ているだけで、こちらまで嬉しくなる。そんな犬たちの表情がそこにあります。
犬と暮らすこと。その選択をした私たち愛犬家である「いぬびと」は、この瞬間を犬たちと共有できたら何より最高に幸せなのではないか・・・私たちが心豊かで幸せである先に、犬たちの喜びがあるということを再認識する出会いでした。ありがとうございます。

 Instagram

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG