【ドッグフードの新製法!】エアードライってどんな製法なの?犬に与えるメリットやフリーズドライとの違いとは?

近年、愛犬の体質やライフステージに合わせて、数多くのドッグフードの中から合うものを選ぶことができるようになりました。形状だけでも、ドライフードやウェットフード、スープタイプなど様々です。皆さんは、最近注目されている新製法「エアードライ製法」によるフードをご存じですか?そもそも、「エアードライ製法」ってどんな製法なんだろう?フリーズドライ製法との違いは?今回は、エアードライ製法にてBARF(生物学的に適正な食事)を再現したドッグフード「Balanced Life™」を製造販売する、株式会社YGGDRASILL福原 亮さんにその特徴についてお話を伺いました。

enkara:「早速ですが、エアードライ製法とはどのような製法なのでしょうか?」
YGG福原:「エアードライ製法とは、低温(70度程度)でゆっくり乾燥させる製法です。低温で乾燥させることで熱による栄養素の損失をできるだけ抑えることができ、素材本来の風味をできる限り損なわずに、製造することができます。
低温とはいえ必要な時間をかけて加熱されているので、サルモネラ菌などの有害な菌のリスクを防ぐことができます。また、水分が蒸発することで縮み、小さくなることで保管しやすく、コンパクトな形状となるメリットもあります。食品で言いますとビーフジャーキーをイメージいただくとわかりやすいかと思います。」

enkara:「フリーズドライ製法との違いは何ですか?」
YGG福原:「フリーズドライ製法は、エアードライ製法と異なり非加熱(45度未満)で水分を昇華(※注)させる凍結乾燥製法です。加熱されていないので栄養の損失はありませんが、非加熱なのでもともとの素材によっては、取り扱いに注意が必要です。形状はそのまま保持されるのも特徴です。食品で言いますとお味噌汁の商品が一般的ですね。」
(※注) 昇華…固体から直接気体になること

enkara:「それではバランスライフがなぜエアードライ製法で製造するのか、その理由を教えてください。」
YGG福原:「バランスライフはオーストラリアで生食を推奨する獣医師の手によって長い年月をかけて開発されました。彼はそれ以前から生食の商品を開発し販売していたのですが、やはり手軽ではないですし、使用者の扱い方によっては菌のリスクもあります。また、冷凍で保管しておく必要があり、水分も含んでいますのでスペースの問題もでてきます。そこで考えられたのが『安全で手軽に、保管も容易でスペースをとらない生に近い食事』であるバランスライフです。低温で乾燥することで加熱され『安全』に、水で戻すかそのままふりかけるだけで『手軽』に、常温で『容易』に保管ができ、4分の1に縮むことで『スペースをとらない』ドッグフードを実現しました。お水かお湯を注ぐだけで生食に近い総合栄養食が出来上がる手軽さは、オーナー様や愛犬にとって最大のメリットです。」

enkara:「バランスライフのフードは肉の比率が高いのはなぜですか?」
YGG福原:「犬は長い年月の間、獲物を丸々食す生活をしてきました。それは”肉や内臓、脂肪、骨、獲物の体内に含まれている植物や獲物の被毛”です。また、近年では果実なども食べていることもわかってきています。開発者である獣医師はこのような犬が自然下で祖先の頃から食べていた食事と現代の犬の栄養学を組み合わせた『生物学的に適正な割合80:20食事(肉・内臓・骨・オイルで80%:野菜・果実20%)』をエアードライ製法で再現しました。それにより肉の比率が非常に高くなっています。」

enkara:「タンパク質として、チキン・ラム・サーモン・カンガルーがありますが、4種類ある理由を教えてください。」
YGG福原:「開発者の獣医師は、多くの犬を診察してきた中でアレルギーに悩んでいる犬が多いことを感じていました。
その経験から特定の食材にアレルギーのある犬でも、4種類の中からアレルゲンを避けて食べるようにしています。
もちろんアレルギーがない愛犬も、多様性に富んだ食事をとることができます。」

プロフィール

株式会社YGGDRASILL
ペット事業部 ディレクター
福原 亮 Ryo Fukuhara

開発者の獣医師Dr.ブルースは「生食の第一人者」ともよばれており、獣医師となって20年以上もの間、生食の研究を行なってきました。Dr.ブルースは、犬や猫が野生で生きていくとしたらどのような食事をするかを考え、さらに、調理、加工いらずの完全乾燥の生食を作ることを目標としていました。なぜなら、素材を低温で乾燥することにより、素材がもつ栄養を最大限生かし愛犬の健康をサポートすることができるからです。また、完全乾燥にこだわったのは生や冷凍冷蔵の状態では保管も容易ではないからでした。調理や加工がいらず手間がかからず、かつ保管も容易で素材の栄養を損なわないペットフードを作ることは簡単ではありません。そのような中で約20年もの期間を経てバランスライフは開発されました。原材料にもこだわり、健康に最適なアプローチができるよう原材料のバランスを考え慎重に厳選した高品質な素材を組み込んでいます。


ドライフードでもウェットフードでもない、エアードライ製法のドッグフード。素材本来の栄養や風味を味わうことができるのは嬉しいですね。
水と混ぜることで総合栄養食として与えることができるバランスライフのフードは、コンパクトで保管もしやすく、非常時でも水さえあれば、いつもと同じように与えることができるという点も貴重なポイントだと感じます。
総合栄養食として、いつもの食事のトッピングとして、ぜひエアードライ製法によるフードを取り入れてみてはいかがでしょうか。

[文・構成/enkara編集部]
Balanced Life「ドッグフード 無料お試しサンプル4種セット」販売中!
enkaraMarketでは、チキン・ラム・サーモン・カンガルーの4種セット(各20g×4袋、合計80g)のお試しサイズをご用意しています。高品質なオーストラリアの肉やスーパーフードを豊富に含み、エアードライ製法により素材の栄養をできる限り損なうことなく作られたプレミアムフードです。是非一度お試しください!
enkara market

Balanced Life(バランスライフ)はエアードライ製法にて「BARF(生物学的に適正な食事)」を再現したペットフ…

関連記事

皆さんは犬のおもちゃ「鹿の角」をご存じですか? ”愛犬の口に入るものだから” 安心安全で自然のものを与えてあげたいと願う、多くの飼い主の方々に支持されています。小型犬から大型犬まで、たくさんの犬たちに大人気の「鹿の角」とは一体どのような商[…]

ふわふわシルク歯ブラシ | 【初回購入のみ送料無料!】 群馬県シルクブランド協議会認定歯ブラシ

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG