2020年5月05日
 

enkaraプロジェクト1周年を迎えて

NewsRelease

enkaraのメディアがスタートして、今日で1年になります。
多くの方にご支援、ご賛同いただき、こうして2年目を無事にスタートできることにenkaraメンバー一同心より感謝申し上げます。引き続きのご支援をよろしくお願いいたします。
この1年間、1日も休むことなく走り続けてきました。
何が犬たちにとって最も理想的なのか、現状どんな問題や課題があるのか
走れば走るほどより鮮明に見えました。
私たちも多くのことがアップデートされていき、必死に考え、プロジェクト化をして、アクションを続けてきました。
そして、思い起こせば、そこには本当に様々な人たちや犬たちとの出会いがありました。今、多くの方や犬たちの顔やメッセージが思い浮かびます。

1周年を迎えるにあたり2019年5月5日に書いたenkaraスタートへの想いを読み返しました。
「イメージしたその未来を実現させる!」
私たちのイメージは明確にあります。
今はまだその形がセオリーでもポピュラーでもないけれど、必ずそのイメージを具現化します。
それが、世界中の犬たちに幸せを運ぶ方法だと信じているからです。

今後もenkaraらしく、全てシンプルかつスマートに循環する仕組みをロジカルに提案していきます。
時代の変革期を迎え、今までのあたり前に対し、疑問や問題が生じるはずです。
要らないものはもう要らない。
今、見えるものも角度を変えて意識に問いかける発信を行います。
今後も失敗を考え恐れることなく常にチャレンジをします。
何より、愛する犬たちの健康と幸せのために。

2020.5.5
合同会社enkara
代表 井手香織

>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG