2022年7月01日
 

犬を守る防災力アップキャンペーン! 〜犬を守る”備え”と”学び”をアップデート!〜 プレゼント応募期間:2022年7月1日(金)〜15日(金)

PressRelease

合同会社enkara(本社:東京都板橋区、代表:井手香織、以下「当社」)は、”犬を知る”をアップデート!をミッションとして活動する『enkara(エンカラ)』プロジェクトを運営しています。様々な災害が多い日本で、愛犬を守るための危機管理は飼い主の責任です。
当社では「#犬を守る防災™」アクション(https://enkara.jp/petrescue/)を犬と暮らす飼い主へ常に提案し、犬を守る防災力UPを啓発しています。

7月1日(金)〜15(金)「犬を守る防災力アップキャンペーン!」といたしまして、いざという時に主食にもなるME+oneドライおやつセットとenkaraペットがお家にいますステッカー™を抽選で各5名様(合計10名様)へプレゼントします!また、期間中にドライおやつを実際に使って作る「犬の手作り防災食レシピ」を山﨑枝里さん(ペット災害危機管理士1級・防災士)からご紹介。
台風シーズンの到来へ向けて、犬を守る”備え””学び”をアップデートしましょう!

action1<プレゼント企画>

ME+one「ドライおやつ4種セット」プレゼント(2,500円相当)5名様


ご応募いただきました中から抽選で5名様に、「ME+oneドライおやつ4種セット」をプレゼントいたします。
「ささみキューブ」2種類・「じゃがいもチップス」・「馬ハツチップ」をセットにしました。普段使いはもちろんのこと、ドライおやつは非常時に上質なタンパク源となります!今回、山崎枝里さんにご紹介いただいた手作り防災食は、ME+one「馬ハツチップ」を使ったレシピです。

action2<プレゼント企画>

enkara「ペットがお家にいますステッカー™」2枚セットプレゼント(1,000円相当)5名様

ご応募いただきました中から抽選で5名様に、「ペットがお家にいますステッカー™」をセットでプレゼントいたします。
このステッカーは、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場に居合わせた人に”ペットが家で留守番中であること”を伝えるスマートフォンに貼る2層耐水ステッカーです。ステッカー内側のQRコードを読み込む事で、”8ヶ国語対応の緊急WEBページ“を表示し、「家にペットがいるのでここに書かれている緊急連絡先に連絡をしてほしい」と飼い主に代わってメッセージを伝えます。

action3<ラーニング企画>

【犬の手作り防災食】「馬ハツチップとトマトの豆スープごはん」レシピ紹介(ペット食育協会上級指導士 山崎枝里)

梅雨が終わると今度は台風も到来します。災害はいつどんな時に起こるかわかりません。日々の暮らしの中へ少しずつ取り入れて不測の事態が起きても冷静に行動できるようにしましょう。今回は水道や火などを使える状況を想定し、乾物をフル活用した飼い主と犬を守る防災ごはんを紹介します。とっても簡単で「いつも」も「もしも」も美味しく食べられるレシピです。知識と備えは家族みんなのお守りになります。是非お役立てください。

プレゼント企画の応募方法

<応募期間> 2022年7月1日(金)〜15日(金)
<応募方法> アンケートフォーム回答 (https://forms.gle/1yPxWf59ZoojcWHC9
<当選発表> 2022年7月20日(水)発表
<賞品発送> 2022年7月25日(月)発送
<賞  品> 合計10名様
・ME+oneドライおやつ4種セット 5名様
・ペットがお家にいますステッカー™2枚セット 5名様

皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしております。


ペット食育協会上級指導士 山﨑 枝里(ERI YAMAZAKI)
1977年岩手県出身。埼玉県在住。 化学の授業が大好きで、大学では材料科学を専攻したリケジョ(理系女子)!子どもの頃から動物達に囲まれ家族の一員として暮らす。猫のブゥちゃんが腎臓病を患ったことをきっかけに、体に良い&美味しいペットの手作りごはんの研究を本格的にスタート。 現在は夫と、4匹の保護猫、保護犬1頭と賑やかに暮らしながら「食べるって楽しい!美味しい!」をモットーに、ペット食育協会上級指導士として、ペットの食事や栄養学、健康に役立つ情報を講座やSNSなどで発信。

■資格
ペット食育協会指導士|ペットフード販売士|ペット災害危機管理士1級|防災士|食品衛生責任者|整理収納アドバイザー

Graphic Designer 國影 志穂(SHIHO KUNIKAGE)
週末限定のデザイン事務所「OOKIIINU 」を運営。主な仕事にモロゾフ株式会社「Mignon Cœur」「TEA BAR」、お菓子のミカタ、東京都美術館「BENTO おべんとう展 −食べる・集う・つながるデザイン」、小倉ヒラク著『発酵文化人類学』、ナカムラケンタ著『生きるように働く』など。


■合同会社enkaraについて

”犬を知る”をアップデート!をミッションとして活動する『enkara(エンカラ)』は、今までの知識の上での犬のあたり前が新しい情報を知ることで変化し、より豊かな関わりで人と本質的に繋がり、共に生きる姿を目指したプロジェクトを運営。ミッションの実現へ向けて事業展開をしています。
enkara Media
enkara Market

■本件に関するお問い合わせ
合同会社enkara
〒174-0072 東京都板橋区南常盤台1丁目11番6号
Email:info@enkara.jp
URL:https://www.enkara.jp

>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG