PET RESCUE

ペット防災プロジェクト #犬を守る防災

Concept
コ ン セ プ ト

平時の行動がいざという時に愛犬の命を救う

犬との暮らしは約15年間。
もちろん何もなく、犬たちと健康で共に暮らせることが一番ですが、その15年間という歳月の中で、飼い主に不測の事態が起きた時のことは、愛する犬たちのために事前に想定して備えておくことが大切です。
地震、水害などの災害、飼い主の怪我や事故、突発的な病気など誰しも予測できることではありません。
enkaraでは、毎年9月1日の防災の日に合わせ、Instagramで #犬を守る防災アクションを1ヶ月間実施。
具体的かつ使えるリアルな情報を愛犬家の皆さんとシェアしています。
「犬と暮らす私たちが、みんなの犬を守る。」そんなカルチャーを目指します!

 

Contents
コ ン テ ン ツ

【ペットがお家にいますステッカー】

外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合その場に居合わせた人に”ペットが家で留守番中であること”を伝えるスマートフォンに貼る2層耐水ステッカー
救助者がステッカー内側のQRコードを読み込む事で”8ヶ国語対応の緊急WEBページ“を表示。「家にペットがいるのでここに書かれている緊急連絡先に連絡をしてほしい」ということを理解し、電話します。電話を受けた人は、飼い主から事前に託された合鍵を持ってペットたちの元へ向かうことで、ペットが放置されることなく、命はスムーズに繋がります。一番大切なことは事前にその流れを相談し、決めておくこと。

【ペットレスキューマグネット】

緊急時ペットの在宅を伝える「ペットレスキュー 耐水マグネット」
飼い主の不在時、緊急事態が起こった際に、“ペットが在宅していることを外部に知らせる“マグネットタイプのドアサインです。
ピクトグラムを取り入れた直感的なデザインにすることで、ドアサインの存在意義を誰にでも、分かりやすくデザイン面からも訴求しました。
犬、猫、その他のペットの有無と飼育頭数を知らせます。マグネットタイプなので、着脱も自由なため車などに貼ることも可能です。

犬を守るための
防災チェックリスト

犬の防災情報
今までリリースした防災情報

Action
ア ク シ ョ ン

Instagramイベント企画「#犬を守る防災」に投稿いただいた皆さまからアクションをご紹介!

>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG