いぬびと 〜犬と暮らす人たち〜 #10 Hitomi

いぬびとは、犬と暮らす人たちの個性あふれる日常のヒトコマを紹介します。
犬と暮らす家族の数だけ、犬と人の暮らし方があります。
でもそんな皆さんに共通することは、犬が大好きな人たちの日常は犬たちへの愛で溢れているということ。犬好きによる 犬好きのための 犬愛溢れるインタビュー。
第10回は、ポン(10歳)と暮らすいぬびとHitomiさんをご紹介します。
ご主人様と二人で運営する犬とヒトのスマイルライフグッズブランド「AuthenticProductService forDOG」に対する想いもお伺いしました。

enkara:「犬たちと暮らす日常の中で大切にしていることを教えてください。」
Hitomi:「犬もヒトも笑顔で過ごすことをモットーにしています。(現実はそうもいかず、笑顔になれない日も多々多々多々ありますが。。。)
ポンに関しては、他の犬と比べることなく自由にのびのびとおもしろい毎日を過ごしてくれればいいなぁ。と!それがいちばんの願いであり、大切に心がけていることです。」

enkara:「犬とヒトのスマイルライフグッズブランドAuthenticProductService forDOGで商品企画をするときに大切にしていることを教えてください。」
Hitomi:「SHOPの商品企画は主人と二人でやっています。私たち自身がポンのために使いたいもの、着せたいものだけを作っています。
2017年にWebshopをスタートしましたが、年々運営しているとこういう方が受け入れられやすいかな?とか、こんなのは売れないんじゃないかな?など、つい『売れるもの』に流されそうになることがありますが、その度に最初のきっかけを思い出して色選び等、選択に悩んだ際は必ず『自分がポンに着せたいもの!』という一見独りよがり笑な選択をするようにしています。
犬グッズのSHOPをやってみようと思ったきっかけは、愛犬(ポン)用のものを揃えようと思った際、散々探してもなかなか私たちの好みのものが見つからなかったこと。
ここ数年で、ぐっと市場は成熟してきて選択肢も随分増えてきたけれど、10年前は今よりずっと選べるものが少なくて。。。
素材のいいもの。自分たちの好きなスタイル(シンプルでありながらアメリカンビンテージに馴染むもの)に合うもの。スタートした時の気持ちがぶれることのないように運営をしています。」

enkara:「犬との暮らしの中で一番思い出に残っている瞬間は?」
Hitomi:「ポン連れで初めて泊まったホテルで、のびのび寝たくて広めのベッドのツインをとったのにもかかわらず、朝起きたら1台のベッドに私、主人の真ん中にポンで見事に川の字で寝ていたことです笑
(ポンが夜中にキュンキュン鳴いて、なだめているうちにそのまま3人で寝てしまったのです)」

Hitomiさんにとって“犬“とは?
本当に大切なことは何かを教えてくれる家族

「犬とは、本当に大切なことは何かを教えてくれる家族です。」そうおっしゃるHitomiさんのお気持ちに深く共感いたします。つい日々の忙しさを理由に疎かになってしまう『自分にとって本当に大切なこと』の存在。
犬と過ごす時間の中で、そのことに向き合う場面や知らなかった感情、気が付かなかった想いを知る経験をした愛犬家は多くいると思います。
犬たちは、常に”今”を生きています。
全力で人生を生きる彼らから学ぶことはあまりにも多く、そしてその経験が私たち愛犬家を日々成長させてくれます。犬と人が暮らすこと、パートナーとして共に生きることは改めて尊い選択だと感じるインタビューでした。Hitomiさん、ありがとうございました。

 Instagram

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG