🔒enkara編集長コラムvol.02 健康を最大のニーズにできるか

           

犬との暮らしを考えた時、今 あなたならどんな選択をしますか?現状、日本では50%以上の人たちがペットショップから犬を迎え入れていると言われています。インターネットから迎えた30%を足すと、約80%の人たちがペットショップやインターネットから犬を迎え入れているというのが今の日本です。年代別に見ていくと、20〜50代は上記同様の傾向にあり、60代になると友人知人からもらった、ブリーダーから直接購入など多少分散しますが、それでも全体の40%以上はペットショップからの購入です。また、売れ残り、繁殖引退犬など商用利用された余剰犬や保護野犬を保護団体から保護犬として家族に迎える方は、全体の約5%とされています。

\今すぐ会員登録をして続きを楽しみませんか?/

【enkaraメンバーシップ会員特典】
1、分かりやすく図解!耳でも聞けるオリジナル記事がいつでも300本以上、読み放題!
2、記事にコメントが書ける!読める!コミュニケーションで多角的に情報を楽しめる!
~今後、さまざまな特典を企画中~

\enkara最新情報をチェック!/

enkaraメンバーシップ限定の最新記事

 data-eio=VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」" width="1280" height="768" >

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG