井手 香織
AUTHOR

井手 香織enkara編集長|@犬のヒト

犬との暮らしを豊かにするECサイト、ペットホテル、ペットシッター等を約10年経営し、その後WEB広告ベンチャー企業へ入社。広報PRの立ち上げを行い、カルチャー醸成、企業広報に注力。その後、SaaS事業ITスタートアップ企業へ。ピッチ・イベント出展や各社メディア対応、オウンドメディア等広報を担当。2019年1月企業PRフリーランスとして独立、数々の企業に参画しプロモーションやブランディングを行う。2019年9月合同会社enkara起業。人生の中核は、心が躍るデザインにピントを合わせること。

    ■資格
  • 愛玩動物飼養管理士
  • ペット災害危機管理士
  • ペットセーバー(PGVNPN)
  • 幼稚園教論
  • 保育士
    • 2024年4月15日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.19  2025年!動物愛護管理法改正 アニマルウェルフェア動物福祉へ前進

    日本では現在、動物の愛護と動物の適切な管理を目的とした「動物の愛護及び管理に関する法律」(以降、動物愛護管理法)があります。前回の法改正は2019年。生後8週齢未満の犬猫の販売禁止や虐待の罰則強化、飼育スペース等の数値規制が段階的に施行されました。動物愛護管理法は、5年を目処に内容の見直し作業を行うよう規定されているため、既に2025年の法改正を視野に議論や検討作業が始まっています。今回は、2025年の動物愛護管理法改正についてのお話です。

    • 2024年4月12日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.18 約5割が法令違反?!環境省の一斉調査の結果から思うこと

    多くの飼い主さんにとって、愛犬の存在は家族でありバディです。共に時間を過ごし、様々な経験をし、出会った頃には想像も出来ないくらいの強い絆と信頼で結ばれています。そんな中、その飼い主さんと愛犬の巡り合わせや、尊い出会いに携わる最も重要な立場「繁殖に関わる企業や人たち」による不正が、環境省の調査により明らかになりました。

    • 2024年3月22日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.17 「犬がいてもいいよ」の世界観を創るために、まずはじめる!

    皆さま、こんにちは。あっという間に春分の日も過ぎ、ここからは一気に暖かさ(最近は暑さ?)が加速しますね。そんな中、編集長コラムが今年初めての投稿とのことで、時間の流れに驚きが隠せません・・・2024年がはじまって今までどんなことをしていたのか?改めて振り返ると、なかなか色々なことに挑戦し続けていました。今日は少し走ることをお休みして、念願のコンセプトをベースとして、長年の夢が叶い開催した「3/9(土)四季一夜〜おでんといぬ〜」を振り返りたいと思います。

    • 2023年12月28日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.16 犬の飼育頭数が前年比約20万頭減少!犬と日本人の未来に”今”何が必要なのか考える

    一般社団法人ペットフード協会による「令和5年 全国犬猫飼育実態調査」が今年も例年通り年末に報告されました。2023年の要約としてポイントは4つ。今回はその調査結果から私自身が感じる思いをお話したいと思います。

    • 2023年10月26日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.14 愛犬のイベント耐性はどのくらい?

    2023年11月、横浜みなとみらいエリアで第4回PloggingDog®︎アクションイベントが開催されます。横浜みなとみらいエリアでのPloggingDog®︎アクションイベントも、残すところあと3回となりました。今回も多くの方からご予約をいただき、本当に心から嬉しく思います。それと同時に、ご参加いただく大切な皆さまにとってより良い時間となるように、先日最終現地リサーチを行ってまいりました。ちょうどその日は、同エリアで大きなドッグイベントが開催されていました。そこで感じた危機感を今日は皆さまへお話ししたいと思います。

    • 2023年10月10日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.13 全ての商用流通が可視化された今、思うこと

    先日、3年以上かけて取り組んだ日本の犬の流通経路の可視化が終了しました。残るはあと1つなのですが、今までのTYPE1〜TYPE5までの流通問題と大きく異なる流通経路なので別とさせていただきたいと思います。皆さま、各回ボリュームのある記事ではありますがTYPE1〜TYPE5までお読みいただきましたか?それぞれに関わる人や犬、問題が異なりますが、課題を切り分けて全ての日本人が認識することで、必ず流通問題は変化すると確信し、毎回情報をリリースしてきました。今回のコラムでは、あくまでも主観的意見として流通の可視化を経て感じる想いと未来のお話をお届けします。

    • 2023年7月21日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.12ビジネスチャンスを狙う!?犬のマッチングサイト問題

    先日、新たな犬の流通経路として「フェイクブリーダー」の記事をリリースしました。皆さま、読んでいただけましたでしょうか?この数年で急拡大しているマッチングサイトに潜む新たなブリーダーの形です。この情報を通じて、少しでも多くの気付きや何かのきっかけに繋がれば幸いです。今回、フェイクブリーダーというまだ誰も発信していない新たな区分をリリースするにあたり、どんな背景があったのか、今回は「マッチングサイト」の進出について皆さまに私の想いをお話しできればと思います。

    • 2023年7月02日
    • 2024年1月01日

    🔒enkara編集長コラムvol.11ある国で生きる犬たちの話(韓国 現地レポート編)

    文化や風習、価値観など あたり前とされていることは国境を越えると驚くほど異なることが多い__だからこそ人間と共に生きる犬たちにとって、生まれた国の文化は生涯密接に影響を受けることになります。コロナウイルスで海外渡航できなかった約3年という長い期間もようやく明け、従来通りに国境を超え異国を知ることが自由になった今、改めて多様な価値観と共に生きる犬たちを知りたいと思い、1つ目の国としてまず韓国へ渡りました。

    • 2023年5月23日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.10 エシカル消費と循環型経済。enkaraMarketをはじめた理由。

    唐突ですが、私は基本あまり新品を買いません。例えば、息子の身の回りのものは、幼少期から靴と下着以外ほとんどユーズド品。サイズアウトしたものは、再度リユースかアップサイクルします。その利益でまたユーズド品を手に入れて、またサイズアウトして譲ります。この循環フローをずっと取り入れているので、息子の用品は今までほとんどお金がかかりませんでした。(高校生になった息子は特殊なスポーツ競技をスタートしたため、少々新品を購入する機会は増えましたが・・・)

    • 2023年4月22日
    • 2024年4月27日

    🔒enkara編集長コラムvol.09 犬の「予防接種証明書」の意義を広めたい

    明日、enkara主催オフラインイベント初回「PloggingDogアクション in MARINE&WALK YOKOHAMA」が開催されます。同施設では今後、通年で様々な企画を行う予定です。基本PloggingDogアクションの企画となりますが、私自身が今まで様々な企画を通じて感じてきたこと、そしてenkaraとして広げたいドッグ企画と新しいカタチを追求し、挑戦する1年間になると確信しています。

     data-eio=VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」" width="1280" height="768" >

    VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

    今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

    CTR IMG