🔒アメリカにおける原因不明の犬の呼吸器疾患流行から、私たちは何を学び、行動するのか?

           

2023年夏頃から、「アメリカで原因不明の犬の呼吸器疾患が拡大している」というニュースをご覧になった方も多いと思います。現在までに少なくとも全米12の州で同様の報告が相次いでおり、米農務省や獣医学機関が原因の究明を進めていますが、今のところ病原体の特定もできておらず感染経路や感染状況の詳細も分かっていません。こうしたニュースを目にした時、海外の話として他人事になってしまうことも多いと思います。しかし犬は手続きを行うことで海外を行き来することも可能であり、更には感染症の原因や詳細が分かっていない以上、日本で暮らす犬たちに蔓延する可能性はゼロではありません。上記の呼吸器疾患だけでなく、そもそも日本の犬たちはあらゆる感染症に感染するリスクが諸外国に比べて高い状況におかれています。その理由は何故なのか?今回は、日本に暮らす犬たちの感染リスクと、愛犬を守るための対策について、そしてこの問題に対してどんな意識が重要なのか考えていきたいと思います。

\今すぐ会員登録をして続きを楽しみませんか?/

【enkaraメンバーシップ会員特典】
1、分かりやすく図解!耳でも聞けるオリジナル記事がいつでも300本以上、読み放題!
2、記事にコメントが書ける!読める!コミュニケーションで多角的に情報を楽しめる!
~今後、さまざまな特典を企画中~

\enkara最新情報をチェック!/
 data-eio=VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」" width="1280" height="768" >

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG