犬と暮らす子どもたちのストーリー「お星さまになってお空から皆んなの事を見守ってくれているんだよ」

#27 太陽10歳&海来9歳&空南5歳 レオ13歳&茶々丸1歳(神奈川県)

 

MOM
ずっと犬と暮らしてきたけど今どんなことを思う?
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「犬が家族、いるのが当たり前。」
海来「いっぱい遊べるから楽しい。」
MOM
犬のどんなところがすき?
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「レオは、足が速い、顔がかっこいい、長生きしてくれてる、優しいとこ。茶々丸は、人懐っこい、一緒に騒げる、一緒に寝ることが好き。」
海来「何をしていても可愛い、走ってる姿が好き。明るいとこ。顔が凛々しくてかっこいい!」
空南「鼻でキスしてくる。柔らかい。寝てるところが可愛い。」
MOM
犬ってどんないきものだとおもう?
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「優しくて、ボールが好き」
海来「不思議ないきもの。犬種によって性格がちがう。」
MOM
いっしょになにをするのがたのしい?​
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「家族だから何でも楽しい。とくに一緒にゴロゴロかな。ボール遊びと散歩。」
海来「海でたくさん遊べる!」
MOM
犬がいなかったらどう思う?
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「犬がいない事を想像したくない。」
海来「悲しい。いるのが当たり前だから寂しい。」
MOM
犬となにをしてみたい?
Taiyo&Kyla&Solana
太陽「一緒に野球をしたい!僕が打ったボールをキャッチしてもらいたい。温泉に入りたい。木登りもしてみたい。」
海来「プールで泳ぎたい!」

犬と共に育児をされてきて感じる想い
Taiyo&Kyla&Solana’s MOM

子ども3人と犬2頭がいると、友人等に「大変じゃない⁈」と言われることがよくあるのですが、子どもを産む前から私自身犬と暮らしていて、生活のリズムが出来上がっているので「大変!」と思ったことは、あまりないかもしれません。
むしろ、犬と子どもたちの成長を一緒に見守れることに幸せを感じます。
犬たちは、子どもたちにとってかけがえのない家族の一員。
兄弟であって、遊び相手でもあり時には相談相手でもある我が家の犬たち。
子どもたちを見ていると、小さな頃から犬と共に生活ができるなんて、なんて幸せな事なんだろうと思います。
今は13歳のレオともうすぐ1歳になる茶々丸がいますが、5年前まではメスのシェパードのステラもいました。
5年前、末っ子が生後3ヶ月の時に癌で天国へ行ってしまいました。
3人目が産まれたばかりで沢山の喜びがある中、ステラが癌になってしまって___日々ものすごいスピードで成長をしていく娘の面倒を見ている横で、ステラの具合はどんどん悪くなっていって___
その当時、娘の成長への嬉しさや喜びがある一方、ステラに対して悲しみや悔しい気持ちが募る日々を過ごしていました。残念ながらステラは、まだ若かった事もあり癌の進行が早く、治してあげることができないまま天国へ行ってしまいました。あの時、新生児がいなかったらもっともっとステラの面倒を見てあげられたのかなと思うと、今でも胸が苦しくなります。
当時、幼稚園生だった上の子たちは幼いながらステラの病気を理解して、最後の最後まで優しく接していました。ステラが天国へ行った時、「お星さまになってお空から皆んなの事を見守ってくれているんだよ」と伝えたので、今でも夜空にたくさんの星が見えると「どの星がステラかなぁ?」と皆んなで話します。
そんな時、長女は毎回必ず「ぜったいあのいちばんキラキラ光ってるやつだよ!!」と言います。
犬と子どもとの生活は、わちゃわちゃな日々で正直とても騒がしいです笑
けれど、その何十倍もの癒しや喜びの時間があって、私も子どもたちも、そして犬たちもみんな幸せです!
 Instagram

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG