『犬と歩く世界』イギリスで犬と暮らす日常〜ケンブリッジ〜 長谷川未奈

こんにちは!未奈です。前回は、「イングランド北西部、湖水地方のカンブリア」のホリデーシーズンをご紹介しました。今回は、私たちの住むケンブリッジをセサミと一緒にご紹介します。
私の職業がフローリストという事で、イギリス生活の中で常に身近にある様々な植物も一緒に皆さんへご紹介します。今回は春の訪れを感じさせてくれる植物たちです。
犬と暮らすイギリスの風景を感じていただけたら嬉しいです。

SPONSORED LINK

第2話「イギリス ケンブリッジ」の街並み

ケンブリッジはロンドンから北へ電車で約1時間。大学の街として有名で、800年以上の歴史がある大学の建築物や街並みがとても美しく、国内外から多くの観光客が訪れます。
その景色はまるでハリーポッターの世界のようで、時期によってはハリーのようなガウンをまとった学生たちを街で見かけることも。そんな学生たちを見かけると、いまだに私はワクワクしてしまいます。

また、ワクチンでお馴染みのアストラゼネカの本社など、ハイテク系の企業や研究機関、医療機関が多いことでも知られています。

なんだかアカデミックでお堅い場所のように聞こえますが、街中でも大きな公園や自然がたくさんあり、野生の鳥や動物も多く、ゆったり犬の散歩を楽しんでいる人もよく見かけます。

イギリスの様々な地域で見かける白鳥。実はイギリス国内にいる白鳥は一部を除いて全て、エリザベス女王が所有しているのです。12世紀から、代々のイギリス国王が白鳥の所有権を所持してきました。
この写真に写っている2羽も、女王の許可なく捕まえたり傷つけたりしてはいけません。
一生見習いハンターのセサミは白鳥に威嚇された経験が何度かあるので、これ以上は近付きません、、。
女王所有の御物とお近づきになるには百万年早いようです。

観光名所の一つである「Mathematical Bridge(数学橋)」とお得意の眩しい顔を披露しているセサミ。
ケンブリッジ中心部を流れるこのケム川を、パントという船に乗って観光するパンティングもケンブリッジの名物で、犬も一緒に乗って楽しむことができます。
セサミも何度か乗った事がありますが、セサミは景色よりも風の匂いをひたすら嗅ぎまくって楽しんでおりました。そんなに嗅いで過呼吸にならないのか、飼い主はいつも不思議に思っております。

街中にはこうした犬の汚物専用のゴミ箱も色々な所に設置されていて、散歩ついでにカフェなど飲食店に寄りたい時や公共の乗り物に乗りたい場合でも、汚物を持ち込まなくて済むためとても便利です。

街角の一般用のゴミ箱にも、「犬の汚物や一般ゴミにこのゴミ箱を使用して下さい。」と書かれています。こういったゴミ箱も散歩コースや公園に数多くあるので、私たちが家に汚物を持ち帰ることはほとんどないのです。ありがとうケンブリッジ州議会!

さて、3月に入り少しずつ花も咲き始めました。私たちがいつも行く公園に咲いている花をご紹介します。
今年の冬は暖かい日が多かったので、いつもより早い開花だったような気がします。
この黄色い花、スイセン(daffodil、ダッフォディル)はイギリスでは定番中の定番で、公園はもちろん、街角や庭、会社、学校など、この時期そこら中に咲き出します。
我が家の庭にも昔誰かが植えたスイセンが毎年花を咲かせてくれます。
実はイギリスはスイセンの生産量世界一で、世界中のスイセンの90%がイギリスで生産されています。

この白い花、スノードロップ(snowdrops)もまた、イギリスの早春を告げる植物の一つです。
可愛いですねー。
スノードロップはイギリス広域に自生している為、イギリスに元々あった植物だと思われがちですが、実は16世紀初頭にローマ人によって持ち込まれたのだそう。元々はヨーロッパ本土や中東の植物なのだそうです。
この公園に咲くこのスノードロップも、もしかすると何年も前に誰かが植えたものなのかもしれませんね。

今回は、セサミと歩くケンブリッジをご紹介しました。
イギリスに来る際に時間があれば、ロンドンから少し足を伸ばして是非観光に来てみてください。
建築に興味がある方、ハリーポッターの世界観が好きな方には特にオススメです!

次回もまた私たちの日常をご紹介できたらと思っています。お楽しみに!

プロフィール

長谷川 未奈 フリーランスフローリスト

イギリス(ケンブリッジ)に住む犬好きな日本人です。
2018年にキプロス島から元野良犬のセサミを保護し、セサミとイギリス人の夫と、動物や環境に優しい楽しく豊かな生活を模索しながら日々マイペースに暮らしています。
本職はフリーランスのフローリスト。
犬はもちろん、太陽とお酒とご飯とイギリスのチップス(フライドポテト)が大好きです。

名前:セサミ
性別:女の子
生年月日:推定2016年(キプロス島から2018年推定2歳でケンブリッジへ)
好きな食べ物:チキンと海苔
好きなこと:食べる、撫でられる、嗅ぎ回る

[文/長谷川 未奈・構成/enkara編集部]

関連記事

はじめまして。長谷川未奈と申します。イギリス ケンブリッジに住んでいます。 今日から私と愛犬セサミとのイギリス生活をenkara『犬と歩く世界』で紹介させて頂くことになりました。私の職業がフローリストという事で、イギリス生活の中で常に身近[…]

関連記事

いぬびとは、犬と暮らす人たちの個性あふれる日常のヒトコマを紹介します。 犬と暮らす家族の数だけ、犬と人の暮らし方があります。 でもそんな皆さんに共通することは、犬が大好きな人たちの日常は犬たちへの愛で溢れているということ。犬好きによる […]

関連記事

いぬびとは、犬と暮らす人たちの個性あふれる日常のヒトコマを紹介します。 犬と暮らす家族の数だけ、犬と人の暮らし方があります。 でもそんな皆さんに共通することは、犬が大好きな人たちの日常は犬たちへの愛で溢れているということ。犬好きによる […]

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG