愛犬にとって必要なシャンプーとは何かを考える 〜アミノ酸系界面活性剤とは?〜

サステナブルなペットフードや、自然環境を大切に考えるサービスなどオンラインショッピングモール「enkaraMarket(エンカラマーケット)」には、地域社会の問題に取り組む企業や環境問題に具体的に向き合う企業など、エシカル消費を率先して考える企業や店舗が並んでいます。
今回は、創業以来”肌トラブルのない世界をつくる”ことをビジョンに、敏感肌の方のための商品を作っている「マルットペット」をご紹介します。
アトピー性皮膚炎を発症した息子さんを優しく洗ってあげたいとの想いからスタートしたプロダクト。その息子さんが二代目となり、敏感肌への優しさと効果はそのままに、更に環境に配慮された商品へリニューアルするなど挑戦を続けています。マルットペットの考える”愛犬にとって必要”なシャンプーとは何か__そのこだわりと特徴をご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

デリケートで皮膚トラブルを抱えがちな犬たちへ

「マルットペットシャンプー」の最大の特徴は、成分のシンプルさにあります。
「洗う」ためだけに必要最低限の成分に限定することで、肌に合わないリスクを減らすことができると考えているからです。皮膚に良いとされる成分でも、過剰にあれこれと足していくことで肌のバランスを乱してしまったり、トラブルを引き起こす可能性も高まります。

犬の皮膚は人間と比べ1/3程度の薄さしかありません。
被毛で覆われていても、その薄さゆえに非常にデリケートで皮膚トラブルを抱える犬たちも少なくありません。現在トラブルがなくても、こうした皮膚の特性を持つ犬たちにとって、刺激の少ない極めてシンプルなシャンプーは全ての犬たちに必要な条件と言えるのではないでしょうか。

界面活性剤には種類があるって知ってますか?

犬にシャンプーが必要な理由として最も重要なことは、”皮膚の余分な皮脂や角質などの汚れ”を落とすことです。こうした汚れが溜まることで、皮膚の痒みや臭いの原因となったり、皮膚疾患を引き起こすことに繋がります。定期的なシャンプーは皮膚や被毛の健康を保つためにも、犬にとって必要なケアです。

シャンプーで「洗う」ために必要な成分として、”界面活性剤”の存在があります。
油汚れを水だけで綺麗にすることはできませんよね。ご存じの通り皮脂は油分を含んでいるため、シャンプーには水と油の両方に馴染む性質を持つ界面活性剤が必要となります。

汚れを落とすために必要な界面活性剤ですが、原料や特徴によっていくつかの種類に分けられます。中でも”石油系界面活性剤”は、高い洗浄力の反面、刺激も非常に強く皮膚にダメージを与えてしまう場合も。それに対して、最も低刺激で肌へのダメージが少ない界面活性剤として、”アミノ酸系界面活性剤”が挙げられます。しかし残念なことに洗浄力が弱いという特徴もあるのです。

シャンプー後のトリートメントが不要な理由

汚れを落とすことを目的としてシャンプーをするのに、洗浄力が弱いと意味を成しません。
そのためマルットペットでは洗うための主成分として、天然由来のアミノ酸系界面活性剤「ココイルアラニンTEA」を使用しています。
「ココイルアラニンTEA」は製造過程で硫酸を使用していないため低刺激で安全な成分といえます。更に、起泡性能に優れ皮脂の油分と合わさってもフワフワの豊かな泡を立たせる働きで、しっかりと汚れを落とすことができます。泡立ち・泡切れも良いため摩擦が起きにくく皮膚や被毛への負担軽減に繋がります。

同じくアミノ酸系界面活性剤である「ラウロイルアルギニン」を併せて使用することで、被毛に滑らかさとしっとり感、保湿効果を与える効果があります。
保湿というと、トリートメントやコンディショナーを想像する方が多いと思います。しかし通常トリートメントなどには、皮膚への刺激が非常に強い界面活性剤が含まれていることも少なくありません。低刺激の「ラウロイルアルギニン」はコンディショニング効果の質感を向上させる働きもあるため、シャンプー後のトリートメントは不要となります。

その他、香料・着色料・アルコール・鉱物油・サルフェート・シリコン・ラウルス硫酸・蛍光増白剤全てフリー。最低限の成分だからこそ、厳選された原料のみを使用しています。
低刺激にこだわった優しい成分で、パピーやシニア、アレルギーなどで皮膚の弱いペットにも使うことができます。

犬の臭いの原因は?

マルットペットシャンプーのもう一つの大きな特徴は、完全に「無香料」「無臭」という点です。無香料を謳っているシャンプーはたくさん市販されていますが、完全なる無香料というものはそう多くありません。
犬の嗅覚が人間よりも遥かに優れていることは既に周知の事実です。飼い主には良い香りでも、犬にとっては強烈で不快に感じてしまう可能性も往々にしてあります。

そもそも犬の臭いの原因の多くは、皮脂が空気に触れて酸化し雑菌が繁殖することで発生すると言われています。香りに頼らなくても正しい方法でシャンプーし、しっかりと汚れを落とすことができれば、臭いは防ぐことができるのです。
強い香りのシャンプーを使うことで、しっかりと洗えていないにもかかわらず、飼い主が”綺麗になった気分”で終えてしまうことは愛犬のためになりません。

マルットペットシャンプー今春リニューアル!

マルットペットシャンプーではこの春、現行の400mlボトルに加え、250mlボトルと100mlパウチが、新たにラインナップに加わりました。

・250mlボトル
ポンプ式の400mlとは異なり、250mlボトルはキャップタイプです。
小型犬でも使いやすいサイズ感が嬉しいですね。

・100mlパウチ
配送にかかるCO2、特に不在時の再配達にかかるCO2を何とか削減したいとの想いから、ポスト投函ができるサイズにこだわり完成した商品です。
ポスト投函することにより、不在時の再配達を減らし無駄なCO2削減を期待しています。

現行の400ml商品はポンプ式ボトルです。ホームシャンプーでは、片手は愛犬を押さえるために塞がっている、という方も多いのではないでしょうか。そういったシチュエーションでは、安定感のあるポンプ式ボトルがとても使いやすいと好評です。たっぷり使えるサイズ感は、多頭飼育や大型犬のご家庭でも活躍中です。

また新商品の発売に合わせ、全てのボトル商品にバイオマスプラへの切替を実施しました。更に、品質の安定成分も含めて100%天然由来成分へリニューアルしました。

まとめ

犬にシャンプーが必要な理由として最も重要なことは、”皮膚の余分な皮脂や角質などの汚れ”を落とすことです。敏感肌の方も、皮膚トラブルを抱える犬たちも安心して使える優しくシンプルなシャンプーは、とても心強い存在です。
またホームシャンプーは必要なケアを施す他にも、愛犬とのコミュニケーションを育む大切であたたかな時間でもあります。大切な時間に安心をプラスする、ドッグファーストな選択をしていきたいですね。

プロフィール

マルットペット

成分を足すのではなく、引いていく。余計なものをいれずに、本当に肌に良いものだけを。
肌を「洗う」ために必要な成分に限定することで、肌に合わないリスクを減らす。肌ケアをもっとシンプルに考えました。
だからペットの嫌がるものは、使いません。嗅覚の鋭いペットの負荷を減らすこと。
天然由来の界面活性剤を使い、必要最低限の成分で作っているから、ペットの身体だけではなくマットやタオル、ケージなどもまるっと、洗える安全性も魅力!とろ~んと優しいテクスチャーで、シャンプーする飼い主さんの手もしっとり♪
プッシュした時のボトルの安定性までこだわりました。飼い主さんも、ペットも、共に健やかに。


【 新しい成分とサイズ展開でリニューアル!¥1,500 】
enkara market

「最低限の成分」で肌をいたわり、「香らないこと」を目指した香料0.00%の完全無香料アミノ酸系ペットシャンプー。敏感肌ペ…

関連記事

新型コロナウイルスの影響を受けて、東京都獣医師会は、犬たちの被毛に付着するウイルスをシャンプーで洗い流すことを推進しています。 今回のウイルスは、現時点では界面活性剤で不活化することが発表されていることが理由です。 いつもは、シャンプー[…]

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG