《犬に読む絵本》「みんな ちきゅうの なかまたち」イングリット&ディーター・シューベルト

題「みんな ちきゅうの なかまたち」
作・絵:イングリット&ディーター・シューベルト
訳:よこやま かずこ
出版社:光村教育図書
発行日:1998年
対象:5歳から

あらすじ:いろんな生きものたちが住むこの地球。
大地、海、川、空・・・美しい地球は、みんなにとって大切な大切なおうちです。
ページをめくるたびに、まるで図鑑のように描写豊かに描かれたユニークな生きものたちに出会うことができます。
姿も、形も、大きさも、食べるものも、できることも、住むところもぜーーーんぶ違う。
でも、どの生きものもみんな種として命は必ず繋がっていく____同じ地球に住む共同体。
生命の尊さ、地球の愛を感じる1冊です。

enkara評:今回は犬だけではなく、たくさんの生きものたちが登場する絵本を紹介します。
この絵本を読んでいると「あれ?そういえば人間ってどんな生きものなんだっけ??」そんなことも感じちゃいます。
人間って、どう生まれて、どう育って、どう生きて、どんな使命を持っているのかな。
どんなことが好きで、どんなことが心地よくって、どんなことが苦手なんだっけ?
今、この世界は変革期を迎えています。
全ての生きものを優しく包む1つしかないこの尊い地球をもっと大切にしたい。改めて、そう感じます。

【保護者さまへ】
子どもが犬に本の読み聞かせをする「R.E.A.D.プログラム」に役立ててください。プログラムの詳細はこちらの記事をご覧ください。WEB
環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG