《犬に読む絵本》「しあわせな いぬに なるには」ジョー・ウィリアムソン

           しあわせな いぬに なるには
題「しあわせな いぬに なるには」
著:ジョー・ウィリアムソン
訳:木坂 涼
出版社:徳間書店
発行日:2016年01月16日
対象:自分で読むなら5歳から

あらすじ:幸せな犬になるために、まず大事なのは、一緒に暮らす「にんげんえらび」! 飼い主と出会い、新しい家で暮らしはじめたら、まず一番寝心地のいいところを見つけましょう… 犬の視点で、犬と飼い主のすてきな関係を描く、おしゃれでユーモラスな絵本。(引用:徳間書店)

enkara評:飼い主は、犬との暮らしがはじまると同時に、様々な場面に遭遇し、喜びや楽しみと同じように、悩んだり困ったりすることがあると思います。「でもそれは、出会いの瞬間から犬たちも同じだったんだよね・・・」と、この絵本を読んで、そのあたりまえに改めて気付かされました。
犬目線で今までの環境がどのように見えてきたのか、感じてきたのか____今回、愛犬の気持ちに寄り添う機会となりました。
犬は犬です。そして人間は人間。当然ですが、犬が人間のあたりまえや社会のルールを本能で理解できることはなく、その逆も然り、、だからこそお互いに分からないもの同士、異種を理解し合う、知る時間が十分に必要だと思います。この本を通じ、子どもたちは”犬の気持ち”を感じることができます。相手の立場で物事を見る視点は、きっと子どもにとって大きな財産になることでしょう。最後に皆さんへ質問です。愛犬は本当に「しあわせないぬ」ですか?

【保護者さまへ】
子どもが犬に本の読み聞かせをする「R.E.A.D.プログラム」に役立ててください。プログラムの詳細はこちらの記事をご覧ください。WEB
しあわせな いぬに なるには
\enkara最新情報をチェック!/
 data-eio=VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」" width="1280" height="768" >

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG