犬ごはんCookBook #21 犬と外ごはん「サンドイッチ」ローストポーク&カボチャとカッテージチーズのパテ 植村遊希


はじめまして!日々の晩酌と美味しいアテ作りが生き甲斐の自由料理家、植村遊希です。
ご縁をいただき、犬ごはんCookBookでの連載をさせていただくことになりました。
この秋からピクニックやキャンプなど、愛犬とのアウトドアレジャーにもっとチャレンジしたいと思っています。そんなシーンで犬と一緒に食べられるお料理が作れたら・・・最高に楽しいですよね!
ということで、『世界中の犬と飼い主さんたちが、特別な日に家族みんなでHAPPYな時間を共有できる美味しいレシピ』をお伝えしてまいります!
ちょっと手間がかかるレシピもありますが、そんなお料理をする時間も豊かなものです。
忙しい日々をお過ごしかと思いますが、特別な日にはちょっぴり面倒なお料理を、時間をかけて作ってみませんか?

SPONSORED LINK

犬と外ごはん♪サンドイッチを楽しもう!

今回の外ごはんメニューは「サンドイッチ」です。
バゲットなどお好みのパンをご用意いただき、ローズマリーが香るローストポークとコリアンダー風味のカボチャとカッテージチーズのパテをお好みでサンドして・・・美味しく、楽しく召し上がれ♪

A:ローストポーク

ローズマリーの香りをまとったシンプルなローストポークです。味付けはしませんが低温でじっくり火を通すことで旨味を引き出します。

【材 料】

☑︎ 豚もも肉ブロック 400g


☑︎ ローズマリー 2枝


☑︎ 米油 適宜

※作りやすい量でご紹介しています。犬の1食分の食事量は、その犬の頭の鉢の大きさくらいが目安です。

【作り方】

1. 豚肉の表裏にローズマリーを添え、ワックスペーパーやラップで包み、お肉の温度を均一にするため室温に30分ほど置きます。

2. よく熱したフライパンに米油を引いて、豚肉の表面にまんべんなく焼き色をつける。この時、ローズマリーは避けておきます。

3. 耐熱容器に焼いた豚肉を入れ、ローズマリーを乗せて110℃のオーブンで90分焼いて完成です。

B:カボチャとカッテージチーズのパテ

レモンとコリアンダーの香りが華やかな優しい味わいのパテ。
カッテージチーズから手作りすれば、添加物や塩分の心配もなく愛犬と食べられます。
また、蜂蜜やメープルシロップを垂らすと簡単なデザートとしてアレンジも♪

【材 料】

☑︎ 牛乳 500ml


☑︎ レモン果汁 大さじ2


☑︎ カボチャ 350g程


☑︎ コリアンダーホール 小さじ1/2程度(パウダーで代用可)

※作りやすい量でご紹介しています。犬の1食分の食事量は、その犬の頭の鉢の大きさくらいが目安です。

【作り方】

1. まずはカッテージチーズを作ります。
牛乳を沸騰直前まで温め火を止めたらレモン果汁を加え、木べらなどでさっとひと回し混ぜます。そのまま放置しておくと”もろもろ”と固まってきます。

2. しばらく置き粗熱が取れたらキッチンペーパーや布巾を広げ①を注ぎ、冷蔵庫に入れ10分置き、ある程度水分が落ちたらお好みの硬さになるようにギュッと水分を絞りカッテージチーズの出来上がり。
(出来上がったカッテージチーズは容器に入れ冷蔵庫に保存します)
※ボウルに対してひとまわり大きなザルを重ねましょう。
※ギュッと強めに水分を絞りたいので、布巾を使用しない場合は丈夫なキッチンペーパーを使いましょう。
※濾した際に出た液体(ホエイ)はスープなどに使えるので残しておきましょう。キャベツやトマトなどお好みのお野菜と一緒に煮込むと美味しいスープが作れます。

3. カボチャは皮ごと使用します。
一口大に切り、鍋に入れ大さじ5杯の水(分量外)をまぶします。蓋をしてそのまま弱めの中火に10分程かけ、蓋を外してホクホクになるように水分を飛ばします。

4. コリアンダーをフライパンで空炒りし、香りが立ったら火から外し、すり鉢などで潰します。

5. しっかり冷ました③に②と④を加えざっくりと混ぜ、完成です。

飼い主さん用アレンジおすすめ調味料

・塩
・黒胡椒
・粒マスタード
・バター
・マヨネーズ
・ケチャップ
・生野菜(スプラウトや葉物)

などなど・・・お好みのアレンジでお楽しみください。
私のオススメは、好きなパンに粒マスタードを塗り、薄めにスライスしたバターを乗せてから具材をサンドして、塩胡椒仕上げです!スパークリングワインや白ワインが合います!

レシピのポイント

・犬の舌は人間と同じように旨味や甘味をしっかりとキャッチすることができます。
・電子レンジを使わずじっくり調理することで、調味料を使わなくても素材の旨味を引き出すことができます。
・犬の1食分の食事量は、その犬の頭の鉢の大きさくらいが目安ですが、個々の許容量は違います。
“特別な日のごはん”なので栄養価は気にしないものとしますが、その日の行動を考慮して、愛犬に合った量を与えてください。

私の考える犬ごはん

私たちが食べることによって得るものは栄養素だけではないと考えています。
その食材の持つ色や匂い、細胞が振動するエネルギー、食事をする空間、時間、温度、一緒に食べる相手・・・目に見えない様々な要素が渾然一体となって私たちの命に作用していると感じています。
旬の素材を使い、心を込めて調理したごはんは、たとえシンプルでもそれだけで家族のごちそうです。
栄養バランスを気にしすぎず、大らかな気持ちで楽しく作り、「おいしいね」と喜びを分かち合う時間が心と体を健やかに育むのだと思います。

アメリからのメッセージ

名前:アメリ
性別:女の子
生年月日:2021年7月(保護団体さんから我が家へ)
好きな食べ物:遊希ちゃんの手作りごはん♪・キャベツの芯・ビスケット
好きなこと:ドライブや山歩き、旅行、ピクニックなど、一緒におでかけすることが大好き!
「はじめまして、アメリです。さてさて、灼熱の夏が過ぎて犬も過ごしやすい季節のはじまりですね。今年の秋はいろんな山に登ってみたいな。青空の下、お外で食べるごはんは最高に美味しいよね♪」

プロフィール

1980年9月4日生まれ。埼玉県出身。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。生まれ変わったら犬になりたいと考えている大の犬好きです。フードデザイナーとしてパーティーケータリングや食にまつわる演出を活動の主軸にしていましたが、ご縁があり、2021年7月に念願だった犬との暮らしが始まり、価値観や人生観がまるきり書き変わってしまいました。「幸せな犬を増やしたい。犬の健康で困っている飼い主さんのお手伝いがしたい。」その想いを実現するため、犬との暮らしをより豊かにするためのボーダーレスな「食」のブランドを準備中です!
〈資格〉ペット食育士1級


enkara編集部です。植村遊希さんの連載レシピ『特別な日に家族みんなでHAPPYな時間を共有できる美味しいレシピ』の掲載が”犬ごはんクックブック”に加わります!植村さんのレシピは”非日常”を楽しむちょっとスペシャルなごはんたち。今日は、おめでとうの日。今日は、お祝いの日。今日は、・・・の日。
365日の中にある、嬉しい日のごはんとしていつもよりもちょっとだけ時間をかけて、作る工程も楽しんでいただけたらと思います。犬も人もみんなで美味しくいただくレシピ連載、楽しみですね。
[文/植村 遊希・構成/enkara編集部]

enkara サポーター制度

\enkara最新情報をチェック!/
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG