『犬と歩く世界』イギリスで犬と暮らす日常〜ロンドン〜 長谷川未奈

お久しぶりです!未奈です。イギリスにしては異常なほど暑かった夏が、あっという間に過ぎ去り、例年より暖かい秋を喜んでいる間に、もうすっかり厚手のコートと長靴で散歩に出かける季節になりました。

だいぶ遡ってしまいますが、今回は夏の少し前にセサミと電車に乗ってロンドンへ行った時の様子をお伝えします。

SPONSORED LINK

第3回目「イギリス ロンドン」

イギリスの犬同伴 電車事情

ロンドンへは、私たちの住むケンブリッジから電車で約1時間。セサミは犬生で2度目のロンドンです。
ロンドンへ向かう電車内。飼い主の足の置き場など知ったこっちゃないセサミ王女。
あ、ご自宅ですか?と聞いてしまう位、寛いでおりますね。

イギリスでは、犬も一緒に公共の乗り物に乗る事ができます。ケージやキャリーに入れる必要もなく、運賃も無料です。

ロンドンに到着。
どこへ行っても常に食べ物を探している食いしん坊犬。各コーナーにて香りチェック入ります。

このロンドンのキングスクロス駅は、ハリーポッターに登場する駅として有名です。
駅中には、9と3/4番線のホームへ行けそうな壁に、ハリーのカートっぽいものが設置してあって、記念撮影の為にいつも長蛇の列ができています。
この日は写真を撮り忘れたので、過去の写真を、、
何でしょう、このやる気のない感じは。笑

9と3/4番線には到底行けそうもない、5年前(!)の私です。人もまばらな深夜0時頃、ひっそりと撮影しました。次回はセサミとシャカリキなテンションで撮ろうと思います。

さて、地下鉄への乗り換えです。
地下鉄も犬は無料で、改札もスイスイと通れます。
セサミにとっては難関のエスカレーターが待ち受けております。

はい、やはり今回も自分の足では乗れませんでした。
「なんか勝手に下がっていってません、、?」
という表情ですね。首のオニクが気持ちよさそうです。

イギリスのエスカレーターは、日本のものと比べてスピードが早く、初めてイギリスに来た時は少し驚きました!そしてすごーく長い。セサミを日本の速度のエスカレーターで練習させたいところです。

地下鉄のホームです。良く見ると、奥にも電車を待つ犬が。ちゃんとお座りして偉いですね!セサミをじーっと見つめています。

the Tube(チューブ)というニックネームで親しまれているロンドンの地下鉄は、1863年に開通した世界最古の地下鉄です。

古いからなのか、ガタンゴトン!グォォー!とかヒャー!とか物凄くうるさいので、セサミは少しビビり気味です。

1駅過ぎました。
えっと、慣れるの早くないですかセサミ先生?
前回ロンドンの地下鉄に乗った時は、ずーっとビビり気味でいたのですが、、ここ数年でだいぶ肝が据わりました。
この調子ならエスカレーターだって!

はいダメです。全然ダメです。踏ん張りが横綱並みです。

再びお得意の「なんで動いてるの、、?」の表情が登場しました。

この日は日本大使館に用事があったのですが、散歩がてら、すぐ近くのバッキンガム宮殿まで歩いてみました。
バッキンガム宮殿は、イギリス王室のお家です。
なんと部屋数は775部屋。800人以上の従業員がいて、年間約6万個のサンドイッチが消費されているそうです。多いのか少ないのか桁が違いすぎてよく分かりません。

宮殿のゲート前で、ふらーっとやって来た通りすがりの犬にお尻を嗅がれるセサミ。
時期や時間帯によっては観光客でもっといっぱいになる宮殿の周りですが、大きな公園や並木道がすぐそばにあるので、犬とお散歩中の人もチラホラ見かけました。

王室には全く関心のないセサミ先生です。
サンドイッチがあれば、目がパッチリ開くと思います。

赤い服を着た衛兵さんも門の向こうにちゃんといましたよ!
セサミは全く無関心、むしろ最高につまらなそうですが、衛兵さんの交代式はなかなかの見ものですので、バッキンガム宮殿を訪れる際は交代式のスケジュールに合わせて来るのがオススメです。
夏の間は宮殿内も見学できますよ。

最後にロンドンらしく、ビッグベン(国会議事堂の時計塔)とも記念撮影してきました。
今度またセサミとロンドンへ来る際は、二階建てバスにも一緒に乗りたいと思います!
今回は、セサミと電車で行くロンドンをご紹介しました。
この頃の写真を見ながら、半袖のTシャツを着る季節がもう既に恋しくなりました。笑
寒い冬を頑張って乗り越えようと思います。皆さんもご自愛くださいね!

ではまた次回もお楽しみに!

プロフィール

長谷川 未奈(フリーランスフローリスト)
イギリス(ケンブリッジ)に住む犬好きな日本人です。
2018年にキプロス島から元野良犬のセサミを保護し、セサミとイギリス人の夫と、動物や環境に優しい楽しく豊かな生活を模索しながら日々マイペースに暮らしています。
本職はフリーランスのフローリスト。
犬はもちろん、太陽とお酒とご飯とイギリスのチップス(フライドポテト)が大好きです。

名前:セサミ
性別:女の子
生年月日:推定2016年(キプロス島から2018年推定2歳でケンブリッジへ)
好きな食べ物:チキンと海苔
好きなこと:食べる、撫でられる、嗅ぎ回る

[文/長谷川 未奈・構成/enkara編集部]

《この記事を読んだあなたにオススメ!》
抗菌防臭加工コットン100%の生地を使用した便利なポーチ!コロンとした洋ナシ型がかわいいPEA BAGは、オヤツ入れやお散歩に使うちょっとしたグッズを入れたりとお好みでお使いいただけます。
enkaraMarket

コロンとした洋ナシ型がかわいいPEA BAG!オヤツ入れやお散歩に使うちょっとしたグッズを入れたり、お好みでお使いいただ…

enkara サポーター制度

\enkara最新情報をチェック!/
 data-eio=VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」" width="1280" height="768" >

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG