犬と暮らす子どもたちのストーリー「ねぇ、ママ?ベルはいつ喋れるようになるの?」

#02 カイリ 6さい 千葉

 

KAIRI’S
MOM
ずっと犬といっしょにすごしてきたけど今どんなことを思う?
KAIRI
いいきもち。
だってベルは、かいちゃんのかわいい犬だもん。
KAIRI’S
MOM
でも、それでもいっしょにいたいっておもった?
KAIRI
うん!
いつも、あそんでくれたし、ひとりのときもさみしくないもん。
あと、かわいいからかな。どの犬も。
大人になってもぜったい犬とくらしたいよ。
KAIRI’S
MOM
犬のどんなところがすき?
KAIRI
かわいいところ。
あと、あまえんぼさんなの。なでなですきだし、けも、ふわふわ。なまえをよぶと、すぐきてくれたり、なめたりしてくれるよ。そうゆうところがあまえんぼうだよ。
KAIRI’S
MOM
犬ってどんないきものだとおもう?
KAIRI
たぬきみたいないきもの!うんとね、くちもとがたぬきににてるよ。
KAIRI’S
MOM
犬と、なにをしてあそぶのがすき?
KAIRI
おさんぽのとき!あと、ピーピーなる、おもちゃであそぶのがすき。
KAIRI’S
MOM
犬がいなかったらどう思う?
KAIRI
さびしい!!!
KAIRI’S
MOM
犬とおはなしできる?
KAIRI
えっとね、ごはんちょうだいっていうときは、かいちゃんのあしをはなでつっついたりするよ♪

 

 

犬と共に育児をされてきて感じる想い
KAIRI’S MOM

「ねぇママ?ベルはいつ喋れるようになるの?」
3歳の時、映画「ペット」のDVDを観終わった後、ベルをそっと抱き寄せながら発した息子の一言を今でも時折思い出します。ご飯の時も、お散歩の時も、常に隣には犬たちがいました。兄弟のように育って来たせいか、しぐさも性格も犬にそっくりで、嬉しい時は胸元で両手をグーにして舌を出したり、犬のように喜ぶリアクションがたまらなく可愛かった。6歳になった今も天真爛漫で明るく人懐こくて元気一杯、まるで子犬のような性格は相変わらずです。
息子が小さい頃、出先でまだ遊んでいたい!と言ってなかなか帰れない時は、「ベルたちがお腹すいたっておうちで待ってるよ。」と言うと、すんなり帰れたり、難しい時期も犬たちの存在にたくさん救われました。

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG