犬と暮らす子どもたちのストーリー「初めて話した言葉は『ママ』よりも先に『アイちゃん』」

#24 タロ4歳&ヒメ2歳&チビ1歳 アイ8歳(山口県)

 

MOM
一緒に犬と暮らしはじめて今どんなことを思う?
タロ&ヒメ&チビ
ヒメ「アイちゃんはかぞく」
タロ「アイちゃんだいすき」
MOM
犬のどんなところがすき?
タロ&ヒメ&チビ
タロ&チビ「ふわふわしてるところ」
ヒメ「ぜーんぶ!」
MOM
犬ってどんないきものだとおもう?
タロ&ヒメ&チビ
全員「かわいい!!!」
MOM
いっしょになにをするのがたのしい?​
タロ&ヒメ&チビ
チビ「おひるね」
タロ&ヒメ「おさんぽ!おでかけ!」
MOM
犬がいなかったらどう思う?
タロ&ヒメ&チビ
チビ「イヤ!」
タロ「かなしい…」
ヒメ「いっしょにいたい」
MOM
犬となにをしてみたい?
タロ&ヒメ&チビ
ヒメ「いっしょにおんせんにはいるー」
タロ「プラレール(線路のおもちゃ)したいな」

犬と共に育児をされてきて感じる想い
タロ&ヒメ&チビ’s MOM

初めての出産の後、アイと長男の初対面の時は本当にドキドキしました。
『アイに、受け入れてもらえなかったらどうしよう・・・』
でもそんな心配は無用で、すんなりと家族として受け入れてくれたアイ。
赤ちゃんが泣くと私に知らせに来てくれたり、授乳中は一緒にソファに座り、授乳クッションに顎を乗せて、ずっと赤ちゃんを見守ってくれていました。
そんな長男と次女が初めて話した言葉は『アイちゃん』でした。『ママ』よりも先に!!!笑
アイは育児のプロです!
今では、少し大きくなった子どもたち。外出先でいつもより帰りが遅くなると、『アイちゃんが待ってる!』と急いで帰ったり、逆に私が子どもたちを叱りすぎるとアイが吠えて仲裁に入ってくれたり___お互いを思いやるという事、愛するという事、家族という事を私の方が日々この子達に教えられています。
そんなアイも8歳。いよいよシニア期に突入して思う事は沢山あるのですが、家族の楽しい思い出をたくさんたくさん作りたいです。アイ、タロ、ヒメ、チビ、家族になってくれてありがとう。
 Instagram

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG