ペットの遺骨このままでいいの?新しい供養の形「樹木葬」で いつまでも一緒に

愛犬との別れを経験し少しずつ心の整理がついてきた頃、自然な形で供養してあげたいと思っていても、どうしてあげることが最善なのか悩まれている方は多いのではないでしょうか。愛犬の姿形は見えなくとも、いつも側にその存在を感じていたい。
そんな願いに寄り添う弔いの方法として、近年「樹木葬」が注目されています。自然の大地に還る新しい供養のカタチ「樹木葬」とはどのようものなのでしょうか。そして、その樹木葬を行うときに、ぜひ知っておきたい土に還る新しいペット用骨壷とは?

SPONSORED LINK

「樹木葬」の特徴と方法


・そもそも「樹木葬」とは?
“自然の中で土に還る”という自然葬の一種で、墓石の代わりに樹木などのシンボルツリーを墓標としたお墓のことです。シンボルツリーの根元や周りに遺骨を埋葬します。シンボルツリーは樹木以外にも、草花や芝生など自然に彩られたものや庭園風など様々な形があり、明るい自然の中でありながらも、お墓同様にシンボルツリーに手を合わせ参拝することができます。

・「樹木葬」のできる場所って?
樹木葬に対応しているペット霊園や、人と一緒に埋葬することのできる霊園や寺院などの墓地が一般的です。霊園は、樹木の世話や管理をしてくれるので、普段なかなか行くことができない方でも安心です。ただ、樹木葬のできる霊園や墓地は全国各地に増えてきているものの、まだまだその数は多くありません。
自宅の庭などがある場合は、庭で樹木葬を行うこともできます。

・「樹木葬」には種類があるの?気をつけたいことは?
一口に樹木葬と言っても、その形は様々です。霊園や墓地によってスタイルも異なる他、手続き方法や納骨のタイミングも違うため、事前に見学に行くことをおすすめします。
特に人と一緒に埋葬できる墓地の場合は、宗派の問題や檀家に限られるケース、納骨スペースに制限がある場合もあるため確認が必要です。
ペット霊園の場合は、大きく分けると次のような形式が一般的です。希望に合う供養ができるよう入念に確認しましょう。

個別型
・埋葬もシンボルツリーも個別に植えることができる
・1本の大樹をシンボルツリーとしていて、埋葬は個別にできる

合祀(ごうし)型
・1本の大樹をシンボルツリーとして、他の遺骨と合同で埋葬する


ー 樹木葬を行うことのできるペット霊園「ペットのおはか」ご担当者さまにお話を伺いました ー

enkara:「実際にどのような悩みをお持ちの方が多いですか?」
ペットのおはか:「お骨を仏壇に置き続けてもいいのか、お墓を用意した方がいいのかなどの質問をいただくことがあります。また、火葬をして数年経った頃に、気持ちの整理もつき供養について考えはじめたとご連絡いただくこともあります。」
enkara:「供養の形はどうやって決めれば良いですか?」
ペットのおはか:「供養の形に正解はないと思います。飼い主様がペットを思って選ばれた供養の形であれば、それが一番です。その中で選択肢のひとつとして、こちらの霊園が長崎県の森の中で自然に囲まれた場所に位置しているため、近年自然葬として身近になった樹木葬も紹介することがあります。」
enkara:「実際に樹木葬を行った方はどんな感想をお持ちでしょうか?」
ペットのおはか:「長年お部屋で一緒に過ごしてきた、ペットのご遺骨を自然に還すことができるのが樹木葬です。樹木がいきいき成長していく姿に、たとえ側にいなくてもペットとのつながりを感じられると話される飼い主様もいました。」

新素材のペット用骨壷、土に還る「はなおり」


霊園や墓地ではなく、所有している自宅の敷地であれば庭などに樹木葬として埋葬することもできます。その際、飼い主自身で樹木葬を行うことのできる新しいスタイルの土に還るペット用骨壺も販売されています。
火葬の際、火葬場にその骨壷を持っていきお骨を納めたり、今お手元にあるお骨を粉骨して「はなおり」へ納め直し、心の整理ができるまでの間はご自宅でお手元に置いて過ごし、供養の気持ちが整った時、土に還して樹木葬を行うことができます。
心の段階に合わせ、その想いに対応できる新しいタイプの供養のカタチを実現する新素材のペット用骨壷「はなおり」は、埋葬後数年で土に還り、樹木がいきいきと育っていくことでペットとの新しい物語がはじまります。樹木の成長を側で見守ることができるのは、自宅での樹木葬ならではです。

まとめ


火葬を終え自宅で一緒に過ごす中で、供養へ気持ちが傾いてきたタイミングで、樹木葬はいつでも行うことができます。その時に、土に還る骨壷であればそっとそのまま自然に還すことができます。何より後悔することのないよう焦らず選択することが大切です。
どこに埋葬するのか、どんな樹木葬にしようか、愛犬を想いゆっくりとその思い出に触れ、考える時間も大事な弔いのひとつです。

【プロフィール】

〜森の中のペット霊園~ペットのおはか
自然葬(樹木葬)の供養として、長崎市内で15000坪の敷地の緑豊かな森にあるペットのお墓です。樹木葬はその名の通り木々に遺灰を散骨し、ペットを土に・自然に還すのですが、木をお墓とするのは、少し寂しい気がしました。そこで、子どもの頃に家の庭に造ったような、手作りで想いのこもったペットのお墓を造りたい。樹木や花に囲まれた場所で、飼い主様の温かなお気持ちを大切にできるような。ペットの火葬後、納骨堂で管理されるのではなく、大自然の中で、そこに眠るペットも飼い主様も清々しい気持ちで… 私たちが、そんな想いを込めてつくったお墓です。
※現在「森の中のペット霊園~ペットのおはか」では、ご自宅にある骨壺を送っていただき、お骨をはなおりに収骨をして、ご自宅に送付する対応を受付しております。その際に粉骨が必要になる場合もあるため、詳しくはお問合せください。

土に還るペット用骨壺「はなおり」取り扱い開始
大切なペットのお骨を守り続ける、お部屋のような骨壺はなおり。土に還るため環境にも優しく、樹木葬にも対応。心に寄り添う新しい形のペット用骨壷です。
enkara market

大切なペットのお骨を守り続ける、お部屋のような骨壺、はなおり。 環境にも優しくナチュラルなスタイルでインテリアにもマッチ…

関連記事

犬と暮らす幸せな日々の先に待つ”最期の時間” 命が永遠ではないということは分かっていても、当然のことながら、心は追いついていかないものだと思います。 先月愛犬を亡くした私たち家族の心境も正にこの通りでした。 今回は”最期の時間”につい[…]

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG