【老犬介護スペシャリスト渡辺 聡】シニア期に向けて今から飼い主ができること

犬がシニア期になると様々な状況が起こります。
現在、日本の犬の平均寿命は14.48歳、7歳以上のシニア犬が飼育全体の約半数以上を占めていると言われています※。また、8歳以上の犬の20%は認知症の可能性があると考えられており、犬の高齢化に伴いライフステージに合わせた問題に対して、その対応は飼い主として必須です。シニア犬や要介護犬に多い悩みや相談に、自らも介護の経験を持つ老犬介護スペシャリストドッグトレーナー渡辺 聡が答える「シニア期の連載コラム」がスタートします!令和2年全国犬猫飼育実態調査(一般社団法人ペットフード協会)発表

SPONSORED LINK

シニア期までに日常的に取り入れておきたい2つのこと


はじめまして、ドッグトレーナーの渡辺 聡です。連載コラムを通じて、愛犬がらくに生活でき、飼い主様の負担も減らせるよう、お手伝いさせていただけたら嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。
初回は、来たるシニア期に向けて今すぐに飼い主ができることをお話しします。
私自身が老犬を介護した経験から、2つのことをシニア期までに日常的に取り入れておくことをお勧めしています。

<シニア期に向けて今から準備すること> シニアになって必要なことは、シニアになる前から慣れておくこと
日常生活にトレーニングの要素を取り入れること

シニアになって必要なことは、シニアになる前から慣れておく


まず、1つ目。
特に慣れておくといいことは、「衣服」と「オムツ」です。
シニアになると体温調整が上手くできなくなったり、皮膚が弱くなったりするので保護してあげることが必要になります。衣服を着ることで、寝たきりになったときの床ずれ防止にもなります。
オムツも同様です。シニアになると排泄がうまくできなくなることが多いので、高齢になるほど必要なケースが多くなります。
しかし「服が大嫌い」「服を着せると固まってしまう」といった犬もいるでしょう。そういう犬には、タンクトップなど、なるべく手足を動かしやすい服を短時間着せることから始めてみるといいと思います。そんな時、ご褒美としておやつを併用するのも有効です。

日常生活にトレーニングの要素を取り入れる


そして2つ目。
日常生活の中にトレーニングの要素を取り入れることは、足腰の衰え防止に役立ちます。例えば、家の中の犬がよく通るところにあえて段差を作ることです。段差は、段ボールやタオルなど、身近なもので簡単に作ることができます。
注意点は、ジャンプせずに、またげる程度の高さにすることです。
高齢になったからと、早いうちからバリアフリーにしてしまうと、逆に足腰を衰えさせることにつながります。

まとめ


今回お話した2点は、シニア期に向けて飼い主がすぐに取り入れることができることばかりです。人間で考えてみるとよく分かると思いますが、歳をとると、それまでやったことのないことを急にやれと言われても、なかなか受け入れられないものですよね(笑)
ぜひ若いうちから、ストレスなくシニア期で必要なことを受け入れられるようにしてあげましょう。
[文/渡辺 聡・構成/enkara編集部]

【プロフィール】

FLUFFY DAYS代表|ドッグトレーナー
渡辺 聡
30数年に渡る会社員生活を経て、愛犬の介護を機にドッグトレーナーの道へ。会社員生活での設計・営業の経験を活かし、飼い主様への分かりやすい説明・対応を心掛けています。 現在、ボランティア活動としてスポーツ競技ほかの写真撮影をしています。 ネコも好きです。
〈資格・認定〉
PLAYBOW(プレイボウ)ドッグトレーナーズアカデミー認定ドッグトレーナー
特定非営利活動法人日本ペットシッター協会認定ペットシッター士
ペットマッサージ・セラピスト(社団法人日本ペットマッサージ協会)
老犬介護スペシャリスト(JAPANペットケアマネージャー協会)
フォトマスター検定1級
熱中症対策アドバイザー
オンラインクラス受講生募集中!
シニア犬の介護経験や老犬介護スペシャリスト基礎を受講済みのドッグトレーナー渡辺聡がオールステージに合わせた様々なお悩みやご相談に対し、解決につながるアドバイスをオンライン(ZOOM )で行います。
enkara market

Zoomを使用したオンラインカウンセリング 60分¥2,200(税込) トレーニングやシニア犬に関するご相談をお受けしま…

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG