犬ごはんCookBook #04「根菜とレバーの紅白ごはん」by宮前真樹


犬ごはんクックブックは、ワイマラナーのエルマーと暮らす料理研究家 宮前 真樹さんがサステナブルな食材や調理法を取り入れながら、食事の時間をより豊かに楽しんでいただけるように、犬の手作りごはんレシピを作り方とポイントを交えてご紹介します。
食べるものからカラダもココロも作られるから___食材の持つ特性を生かした、美味しくて環境にもやさしい犬たちのごはんです。
今回は、お正月の残り野菜を華やかなスペシャルごはんに大変身!

SPONSORED LINK

材料(1日2回食の場合の1食分)

・鶏胸肉 小型犬 50g|中型犬100g|大型犬200g
・牛レバー 小型犬 10g|中型犬25g|大型犬50g
・野菜(里芋・人参・大根・椎茸など)合計 小型犬30g|中型犬50g|大型犬100g
~飾り用~
・ブロッコリー 1〜2個
・アスパラガス 1/2〜2本
・くこの実 1〜2粒
・三つ葉 少量
・りんご 少量(薄く小さくカット)
・鶏スープ 200ml~300ml ※食材がひたひたになる位
・オイル 小型犬 小さじ1/2|中型犬 小さじ2/3|大型犬 小さじ1

※犬のサイズは、小型犬(〜5キロ)中型犬(〜10キロ)大型犬(〜25キロ)として計算
※成犬・アクティブな犬へ向けての分量として基本レシピをご紹介しています。幼犬期にはタンパク質を増やし、シニア期にはタンパク質を減らすなど愛犬のステージに合わせ食材バランスを微調整していただくことでオールステージに対応可能です。

作り方

1.鶏胸肉は多めのお湯で茹でてスープストックも作ります。

2.レバーはお好みで茹でる又はグリルします。

3.野菜は全て細かく刻み、水からしっかり柔らかくなるよう茹でます。

4.飾り野菜を作ります。
・人参、大根は丸い抜き型で抜いてから茹でます。
・ブロッコリーは小房にしてから茹でます。
・アスパラは短く切り茹でたあと、冷めたら縦に半分に切ります。
・三つ葉は軽く茹でてリボン結びを作ります。

5.盛りつけを楽しみましょう。
アスパラを3つ並べ、その上に茹でたブロッコリーを2つ置き、薄く切ったりんごの飾りを乗せて、リボン結びしておいた三つ葉を置き、くこの実を乗せます。
最後に鶏スープを注いで、オイルを垂らし完成です。

POINT:⚠︎里芋はシュウ酸を多く含むので、結石のある犬は注意してください。
※スープのこと
スープは、人肌程度に温めたものが理想的です。今回は鶏胸肉の茹で汁のスープを使いましたが、野菜の煮汁や魚スープ、無添加の和風出汁など風味付けで使うのもおすすめです。

※オイルのこと
今回はフラックスシードオイルを使用しました。オイルは、食べる直前にごはんにプラスします。はじめは少量からスタートし、ウンチや体調の変化を確認しながら調整します。小型犬小さじ1/2程度〜大型犬小さじ1杯程度が目安です。

レシピのポイント

今回のレシピポイントは、『飾りつけ』です。
お正月用に準備した食材の残りを使って、華やかに彩り新年を明るく迎えましょう。
アスパラとブロッコリーを使って門松を再現しました。
ぜひ、楽しみながら飾りつけを♪

メイン食材「里芋」

里芋は他の野菜よりも茹で時間がかかるので、先に煮込んで柔らかくします。
独特のネバネバは胃の粘膜保護などの働きが期待できます。
低カロリーでヘルシーな食材ですが、シュウ酸も含むので結石のある子は気をつけて下さい。 今回はお正月料理で残りがちな野菜を使ってみました! いろいろな野菜をバランス良く与えることで、抗酸化作用や腸内環境を整える事が出来ます。

愛犬に里芋を与えるメリット血中のコレステロールの付着を抑えコレステロール値を下げる
血圧の安定化が期待できる
蓄積されず体外へ__肥満予防にピッタリ

私の考える犬ごはん

明けましておめでとうございます!
犬たちにとっても大変だった(だろう)2020年が終わり、新しい2021年が始まりましたね。今年も変わらず、エルマーと一緒に楽しく食事をしていきたいと思っています。
そして、皆さんの大切なパートナーである「犬たちのごはん時間」に、この連載が少しでもお役立つレシピとなれば幸いです!今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

最近のエルマー

名前:エルマー
性別:女の子
生年月日:2017年12月30日
好きな食べ物:鹿ジャーキー・バナナ
好きなこと:段ボールの解体・ドッグラン遊びとお風呂

12月30日で3歳になりました!
お誕生日には、クラウドブレッドのケーキでお祝い♪
この1年で沢山食べるようになり、とても健やかに過ごしています!
3歳も一緒に美味しく楽しく「犬ごはん」生活をしていきます^^


手作り食をはじめて食べる犬の場合、野菜類は少なめからスタートして時間をかけて移行することで消化吸収を促進します。また、ウンチのチェックは必ずしてください。下痢や便秘になっていたら、食材や作り方など食事を見直します。
愛犬に合わせて、飼い主さんが工夫しながら一緒に「ごはん時間」を楽しんでくださいね。
次回は、1年で一番寒いこの時期にピッタリな冬ごはんレシピをご紹介します。皆さまにとってこの1年が健やかな年となりますように。
[文/宮前 真樹・構成/enkara編集部]

環境への取り組みと価値がマークでわかる犬と人のマーケット

enkaraの最新の話題をお届けします!
>VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

VISION「私たちは循環する社会の仕組みを創る」

今までの犬と暮らす当たり前や固定概念にとらわれず、新しい情報や価値観を知ることで気づきを得るために、様々な情報発信や活動をします。 最終目標として掲げる「循環する社会の仕組みを創ること」を実現するため、ミッションとして、“犬を知る“をアップデートし、より豊かな関わりで犬と人が本質的に繋がり、共に生きる姿を提案します。私たちは、循環サイクルの中でその未来を創造し実現できることを強く願いビジネスを営む社会を目指します。

CTR IMG